フラワーアレンジ 生花



 生花は自然のもの、
 あえて数少ない"主役となる花"だけを
 ふんだんに使います。
 




オーダーの贈り花をお作りするとき
たくさんのフラワーギフトの中にあっても

きらりと輝き、強く印象に残るものを作りたいと思います。



品の良い"華やかさ"でいつまでも心に残るものを。





花 アレンジ / 花束* 花 アレンジ / 花束* 花 アレンジ / 花束*




「主役となるきれいなお花」は数本、
あとは安価な在庫花で大きく見せる


「いかにも飾っています」的な
飾り花は好きではありません。






美しく質の良い、「主役となるお花」を1種類、
ふんだんにアレンジすることで


シンプルなのに華やかな"洗練"が実現します。







花 アレンジ / 花束* 花 アレンジ / 花束*




お洒落で高級感のあるブティックやインテリアの飾り花、
大人の女優さんが雑誌で手にしている花束は

1種類のお花を使ったシンプルなものが目をひきます。






何故でしょうか?






花 アレンジ / 花束* 花 アレンジ / 花束* 花 アレンジ / 花束*





空間にはたくさんの色や形があります。
部屋の風景、持つ人の服、顔立ち。





そこにある花までたくさんの色や形を混ぜすぎると
お互いがぶつかって
センスのないものになってしまうからです。








同じ100本のお花なら、


色んな花がごちゃごちゃ混ざっているより、

たとえば深紅の薔薇を100本というほうが印象に残ります。








生花は自然のものですから、
たとえ同じ種類でも1輪1輪、表情が違います。






だから「主役となるお花」は1種類で充分なのです。 







花 アレンジ / 花束* 花 アレンジ / 花束* 花 アレンジ / 花束* 花 アレンジ / 花束*




日常のシーンにしっくり溶け込み、
かつ、その部屋のランクを上げ引き立てる。

そんな一流の「名脇役」の贈り花をお届けしたい。




そしてそれが日常生活に欠かせないものとなっている
欧州のフラワーアレンジの魅力だと考えています。














<ヨーロピアンフラワーテクニックの魅力>
       

1.色の質感が1番大切にされます。

たとえば、同じ茶色でも、チョコレートの甘〜く濃い茶色と 
枯れ木の渋く乾いた茶色は全く違います。これが“色の質感”の違いです。





色は質感でとらえられ、微妙に洗練された色あわせを
最も大事に考えてアレンジします。







2.葉の美しさを積極的に認めています。






葉を花の付随物と捉える日本流のアレンジとは異なり、
葉の美しさによって「主役となるお花」の美しさを最大限引き出します。




花屋トップページ* フラワーアレンジ・花束―生花 フラワーアレンジ・花束―アートフラワー
花屋 ギャラリー* 花 インターネット注文 ヨーロピアンフラワー教室
はじめての方へ...* 大切な宝物...お客様からのお手紙です♪