アートフラワー 花アレンジ・花束



 アートフラワーは人の手で作る"花の理想形"
 自然が作り出せなかった完璧な美しさ。
 


アートフラワーの場合、
「異なる質感、ライン、そして洗練の色あわせ」
の3つを大切に花材を選ぶと

きらりと輝き、とても印象に残る作品に仕上がります



この3つは当たり前のようでいて
アート フラワー だけを扱っていると、つい忘れてしまいがちです。





花屋 の アート フラワー* 花屋 の アート フラワー*









アート フラワー は
人が「こんな花があればいいなぁ」と望んで作り出されたものだから
どんなお花もたいがいそろいます。


だから、デザイナーはわがままになり、
うっかり自分の好みで 花材を選んでしまいます。




つまり、作り手が主役になってしまうんです。



花屋 の アート フラワー* 花屋 の アート フラワー* 花屋 の アート フラワー*



生花の場合
自然のものですから、いくら望んでも自然界にないならば
それに従うよりありません。

"花"が主役です。





たとえば同じピンクの薔薇を10本あつめたとき、

生花の場合、「これは開いていてきれいだけど
こっちはまだ固いつぼみで華やかさがたりないなー」なんてこともあります。






その点、アートフラワーの場合は
常に同じ状態のものが手に入ります。




開いた花ばかり10本というのも
つぼみばかり10本というのも簡単に揃います。

それは人工的に作られているものだからです。





このことはもちろん、ありがたく
素晴らしいことなのですが

「開いたピンクの薔薇」ばかり、
つまりまったく同じ花達を並べることが
生き生きとした美しさになるでしょうか?



花屋 の アート フラワー*




開いた花もあればすこしまだ固いつぼみが混じっているから、
"生"の躍動感が生まれると思います。



ここが生花との大きな違いです。





どんなに経験をつんだフラワーデザイナーでも
"作り手"が主役になってしまうと

その人の好みのものしか創れないような気がします。




謙虚に、花の美しさをありのまま
受け入れ、
"花"に導いてもらう・・・

そんな"花"が主役の姿勢を大切にしたいと思っています。








だからアートフラワーを作るときは
あえて異なる質感、ライン、色あわせのものをあわせて
アレンジします。




あえて異なる花材をあわせることで
質感を変化させ

生き生きとしたアレンジに仕上げていきます。






花の形、色の質感の微妙な違いをとらえることで

お互いを引き立てあい、
華やかなのに派手すぎない"洗練"を実現できるからです。







花屋 の アート フラワー*





「アートフラワー」は"art(アート=芸術)のお花"です。





日常のシーンにしっくり溶け込みながらも、

飾るだけでそのお部屋に芸術の香りを感じさせ
かつ、その部屋を違和感なく引き立てる...


飾る空間をそんなふうに引き立てる
「一流の名脇役」となる花デザインをお届けしたいと
考えています。


















<ヨーロピアンフラワーテクニックの魅力>
       


1.色の質感が1番大切にされます。

たとえば、同じ茶色でも、チョコレートの甘〜く濃い茶色と 
枯れ木の渋く乾いた茶色は全く違います。これが“色の質感”の違いです。



色は質感でとらえられ、微妙に洗練された色あわせを
最も大事に考えてアレンジします。







2.葉の美しさを積極的に認めています。




葉を花の付随物と捉える日本流のアレンジとは異なり、
葉の美しさによって「主役となるお花」の美しさを最大限引き出します。

花屋トップページ* フラワーアレンジ・花束―生花 フラワーアレンジ・花束―アートフラワー
花屋 ギャラリー* 花 インターネット注文 ヨーロピアンフラワー教室
花 注文に悩んだら...* はじめての方へ...* 花 デザインコンセプト*
大切な宝物...お客様からのお手紙です♪ サイトマップとメルマガ* 素敵なページを見つけてね*